学生融資の注意点

学生が融資を受けるときには、やはり大手銀行や大手消費者金融を選ぶようにしましょう。消費者金融にはとても悪質なところもあるので、とにかく名前の通った大手を利用することが基本。そして学生融資はできるだけ少額にすべきです。

インターネットで即日融資をチェックすると、たくさんの金融機関が出てきますが、怪しい謳い文句で学生を誘っている消費者金融も実際にいくつもあります。とても簡単に審査が通って融資額が銀行に振り込まれてしまうと、やっかいな事になるので注意しなければなりません。もともと正規の消費者金融でないところもあり、そのようなところから融資されると面倒なことになることも。そのため甘い言葉には注意しなければならないのです。そういう意味からも大手の金融機関を選ぶようにしましょう。

甘い言葉に騙されないためにも総量規制という法律があるので、学生であっても消費者金融の場合はバイトの年収の3分の1までしか借入できないはずです。例えばバイトの年収が60万だったらその3分の1の20万円までが限度となります。銀行の場合は、総量規制はありませんが、多くの場合10万円程度が限度の場合が多いと考えましょう。つまりそれ以上に美味しい条件があれば、その金融機関は怪しいと考えるべきなのです。

学生の即日融資

学生でも急いで融資を受けたいというときもあります。一般人の融資なら即日融資が受けられますが、学生融資も即日融資を受けることもできるのです。まず即日融資の可能な時間までに申し込むことが基本となります。それぞれの金融機関の学生融資の申し込み可能時間をチェックして、その時間までに間に合わせることが重要です。

そして審査申し込みに必要なものをしっかり用意しておくことも大切です。学生ローンの場合は身分証明として学生証、運転免許証、健康保険証などがあります。基本は学生証が必須で、他に運転免許証か保険証のどちらかでOKです。現在学生融資は、インターネットで申し込むことがほとんど。昔のように金融機関の店舗に契約をしに行くことは必要なく、現在はほとんどネットでOKです。保険証や学生証は写真に撮ってそのままネットを利用して送ることになるので手元に準備しておきましょう

実質年率は金融機関によって違いますが、3.5%~18%の範囲がほとんどとなります。銀行系の方が金利は低いと言えそうですが、即日融資なら消費者金融の方が確実に借りることができるでしょう。金利も多少多くなるのでしっかり計画を立てて借りるようにしなければなりません。

関連サイト【学生ローン申込|イー・キャンパス

学生への融資について

学生だって急に洋服が欲しいときや、旅行やデートが急に決まることだってあります。そんなときにバイトの給料が出たばかりならまだしも、次の給料の直前だったら学生融資を利用したいと思うのも当然のこと。また学費だってバイトで頑張っている学生も。バイト時間が少なくて、ときには足らなくなることも。そんなときに学生融資について知っておくと便利です。もちろん融資はできるだけ利用しないようにしたいものですが、やはりいざというときのために利用方法は知っておきましょう。

学生の融資の場合、基本的にはアルバイトによる収入があることが条件になります。そして現在月に1回以上定期的に働き、融資を申し込んだ時点でもバイトをしていることが条件ですまた20歳以上であること。これらが揃っていれば即日でも借りることができます。収入証明は融資額50万円までは特に必要ありません。

そして学生の場合、大学の近くに昔から学生専門の小さな学生金融がある場合も。そんなところは意外と厳しい審査もなく、簡単に融資してもらえることもありますが、今はそのようなところは少なくなっています。もしアルバイトなど一切行っていない場合は、親の承諾があれば10万円程度なら融資してもらうことができます。そのため親にも知られずに融資を受けるなら、まず安定したアルバイトをしておくことです。しっかり働いた上で足らない分を借りる。借りたら早く返すということを忘れずに融資を受けるようにしたいものです。