学生融資の注意点

学生が融資を受けるときには、やはり大手銀行や大手消費者金融を選ぶようにしましょう。消費者金融にはとても悪質なところもあるので、とにかく名前の通った大手を利用することが基本。そして学生融資はできるだけ少額にすべきです。

インターネットで即日融資をチェックすると、たくさんの金融機関が出てきますが、怪しい謳い文句で学生を誘っている消費者金融も実際にいくつもあります。とても簡単に審査が通って融資額が銀行に振り込まれてしまうと、やっかいな事になるので注意しなければなりません。もともと正規の消費者金融でないところもあり、そのようなところから融資されると面倒なことになることも。そのため甘い言葉には注意しなければならないのです。そういう意味からも大手の金融機関を選ぶようにしましょう。

甘い言葉に騙されないためにも総量規制という法律があるので、学生であっても消費者金融の場合はバイトの年収の3分の1までしか借入できないはずです。例えばバイトの年収が60万だったらその3分の1の20万円までが限度となります。銀行の場合は、総量規制はありませんが、多くの場合10万円程度が限度の場合が多いと考えましょう。つまりそれ以上に美味しい条件があれば、その金融機関は怪しいと考えるべきなのです。